任意整理をする方法について【過払い請求とは?~損しないために~】

任意整理をする方法について【過払い請求とは?~損しないために~】

任意整理をする方法について【過払い請求とは?~損しないために~】

任意整理は裁判所を利用せずに債務の整理を行う方法です。
弁護士や司法書士に任意整理を依頼する事で債務の整理が出来る債務整理の手法の1つになるのですが、借金の種類などに応じて過払い請求を行う事も有ります。

過払い請求は本来支払う必要のない利息を計算して債権者に対して支払いを要求する方法です。
現在の利息制限法の法律では、利息制限法の上限金利を超えた金利は違法であり、過払いに値すると言われており、過去の借金の中で利息制限法の上限金利を超えて貸付を受けていた場合は過払いが発生している可能性が高いと言われているのです。

過払い請求についても弁護士や司法書士が行ってくれるので依頼する側は安心して良いのです。
尚、過払い請求を行うためには取引履歴の開示が必要で、取引履歴に記載されている金利を利息制限法の上限金利に置き直して計算をしていくのです。
この計算方法の事を引き直し計算と呼ぶのですが、返済か回数が多くなるほど計算には時間が掛かりますが、多くの過払い金が発生している場合もあり、過払い請求を行って過剰利息を取り戻す事で債務がゼロになるケースもあるのです。

また、過払い金を取戻し、借金を減額して残りの債務を一定の期間の中で支払っていくのが任意整理であり、任意整理を行える条件と言うのは返済能力が有る場合に限るのです。
尚、任意整理では不動産を所有していても自己破産のように不動産を処分しなくても良いと言うメリットが有ります。