任意整理※保証人を立てて借金整理を考えている方《法律事務所で相談!》

任意整理※保証人を立てて借金整理を考えている方《法律事務所で相談!》

任意整理※保証人を立てて借金整理を考えている方《法律事務所で相談!》

借金の返済が滞って生活に困窮してしまった人が、平穏な生活を取り戻すために行う債務整理の方法のひとつとして、任意整理とよばれるものがあります。
この任意整理では、弁護士などの専門家に依頼をして、借金をした先の消費者金融やカードローン会社などと交渉し、借金の一部について減額してもらう同意を取り付けることになります。
そこで問題となるのが、任意整理の対象となっている借金の契約に、連帯保証人として本人以外が名を連ねている場合の取り扱いです。
連帯保証人というのは、借金をした本人が何らかの事情で返済できなくなった場合に、本人になりかわって残りの借金を支払う義務を負う人のことであり、もし任意整理によって本人だけが債務から免れた場合には、当然のこととして、消費者金融などの会社は連帯保証人に対して返済を請求するようになります。
こうした事態を避けるためには、あらかじめ任意整理の手続きのなかに連帯保証人にも参加してもらい、連名で行うことが有効です。
任意整理は借金の当事者の双方が合意をすれば成立しますので、連帯保証人にはついても合意内容が及ぶようにすればよいことになります。
ただし、こうした任意整理を行った場合には、消費者金融やカードローン会社が加盟している信用情報機関のデータベースにその事実が登録されてしまいますので、以後5年間程度は新たな借金をすることが難しくなります。
連名で手続きをした場合、データベースに登録されるのは連帯保証人についても同様ですので、相手の今後の生活に少なからず迷惑をかけることになります。